HOME>オススメ情報>東京へ引越すときには格安で引越せる方法を狙う

引越しにかかる費用の相場

引越し費用は荷物を運ぶトラックの量と、運送先への距離で変わってきます。単身で東京など首都圏までの移動であれば10万円を切ることもあります。

格安で引越しができる方法を紹介

引越し業者の都合に合わせる。

昼や、夕方に積み込み開始になる場合だと、朝一開始より安くなります。

依頼を最低限にする。

梱包や組み立てを頼まず、運搬に関することだけの依頼にします。

複数業者に見積もりを取る。

相場を把握しておくと、比較しての値引き交渉もしやすくなります。

繁忙期を避けて計画を立てる。

繁忙期や月半ばを避けると割増料金がかかりません。

付帯サービスを利用する。

ネットや新聞の契約など必要なものをセットで頼むとキャッシュバックが得られることもあります。

都内なら安く荷物を運べる

男性作業員

東京都内の引っ越しであれば安く荷物を運ぶことができます。荷物を運ぶ場合、距離によって料金が加算されていくため、都内の移動であればあまりお金を掛けずに格安で引越しをすることができるため、便利に利用できます。

時期を選べば更に安く

男性作業員

東京への引越しは時期を選ぶことが安く利用するためのポイントです。例えば、3月や4月というのは学生の進学や社会人の転勤などで利用者が急増し、引越し業者もかき入れ時になります。そこで、2月の閑散期に利用することで、通常よりもかなり格安でサービスを利用することができるのです。マンションやアパートから立ち退きをする場合には、早めに賃貸物件を引き渡すことができるため、節約にもつながるので一石二鳥になるので、早めに業者に依頼したいものです。

できることは自分でやること

トラック

引っ越しをする場合は、できることは業者に任せずに自分でやることが安く利用するためのコツです。東京への引越しはサービスが充実していて、都合に合わせて様々な引越しプランを利用することができます。オプションが充実していることで知られていますが、できるだけオプションを付けないで自分で荷造りをしたほうが、格安で引越し業者を利用することができます。荷造りは時間がかかるものですが、早めに準備をすれば3週間もあれば完了します。